So-net無料ブログ作成
検索選択

栄養ドリンクは本当に効くのか?成分と効果を調査しました。 [へ~と思うこと]

スポンサーリンク




ちょっと疲れてる時やこれからがんばらなきゃいけない時はつい栄養ドリンクを飲んでしまいますよね~
飲めば効いた気がするような感じはしますが、実際は効果があるのか調べてみました。

4621.jpg

栄養ドリンクとは
肉体疲労時の栄養補給などを目的で販売されている飲料である。ドリンク剤とも呼ばれる。

栄養ドリンクは含有成分によって以下のように分けられる
医薬品、医薬部外品は100ml以下で、効能・効果を記載できます。(滋養強壮など)


医薬品・・・・・・ユンケルスター、ユンケル黄帝-L、チオビタゴールド、リポビタンゴールド、ニューゼナF-Ⅱ等
医薬部外品・・・リポビタンD、エスカップ、アリナミンドリンク、等
清涼飲料水・・・・オロナミンC、 レッドブル、モンスター、タフマン、眠眠打破


栄養ドリンクの成分

ビタミンB1: チアミン
効能:糖質の分解を助ける、疲労回復を早め倦怠感を予防する、ストレスを緩和する、アルツハイマー病を予防する


ビタミンB2: リボフラビン【ビタミンGともいう】
効能:脂質の分解を助ける、肌を健康に保つ、成長を促進させる、脂っぽい皮膚を抑える、口内炎や口角炎等を抑え粘膜を健康に保つ


ビタミンB3: ナイアシン【ビタミンPPともいう】
効能:二日酔い・悪酔いを防止、たんぱく質・脂質・糖質の分解を助ける、喘息時の喘鳴音を緩和、口内炎や口角炎等を抑え粘膜を健康に保つ、血清コレステロールの低下(但し大量摂取が必要で副作用あり)

ビタミンB6: ピリドキシン
効能:たんぱく質や脂質の分解を助ける、動脈硬化を予防する、つわりや妊娠中毒症を緩和する、脂っぽい皮膚を抑える、口内炎や口角炎等を抑え粘膜を健康に保つ、中枢神経の働きを正常に保つ、免疫力を高める

ビタミンE: トコフェロール
効能:活性酸素を除去する、血液をサラサラにする、更年期障害をやわらげる、新陳代謝を活発にする

イノシトール
脱毛予防に効果があるとされています。
植物中では遊離型のイノシトール又はフィチン酸(リン酸エステル体)として存在しています。甘味を持ち、ビタミンB群としての働きをすることで、脂肪とコレステロールを代謝し、細胞の成長促進に関わる欠かせない栄養素とされています。

コリン
高血圧や動脈硬化を予防などの成人病を予防します。また記憶力を高める働きがあります。

アミノ酸
疲労の予防と回復力を高めます。スポーツ飲料などにアミノ酸が配合されているのもこの疲労回復を助ける働きがあるためです。
また内臓や脳、中枢神経、酵素などに必要な成分を補給します。体の変調や体力の衰えを防いだり、妊娠中や産後などの疲労感などを改善します。

無水カフェイン
純粋なカフェインのことで脳の神経に興奮的に作用し、精神活動をよくします。眠気や疲労感をとったり、頭の重い感じをスッキリさせます。他の頭痛薬の鎮痛効果を助ける働きもします。

タウリン
胆汁酸の分泌を盛んにすることで肝臓の働きを助けること
肝細胞の再生を促進させること
細胞膜を安定化すること
疲労は肝臓が弱ると 出ますから肝臓の働きを助けるタウリンは有効です。


栄養ドリンクの効果

栄養ドリンクは,ビタミンの補給や糖分によるエネルギー摂取が主な効能です。
有効成分の大半がビタミン類と補酵素です。
残りの成分は,防腐剤,着色料,粘調剤などです。


実際に栄養分は入ってますので効果はあると思います。
だが、飲んだ直後に元気になるのは、効いたと思い込むプラシーボ効果とカフェインとアルコールのおかげです。
栄養もとれて元気になれるなら、安いものですよね。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。