So-net無料ブログ作成
検索選択

中国はなぜ人口が多いの? [へ~と思うこと]

スポンサーリンク




中国はなぜ人口が多いの?

同じ歴史のあるヨーロッパなどは人口はそれほど多くありません。

ヨーロッパ 54カ国
人口 8.2億人

中国
人口 13.5億人

なんと54カ国のヨーロッパより中国1国の方が圧倒的に人口が多いのです。



中国が人口が多いわけ

①豊穣な土地

②儒教思想

③戦争と平和の問題


①豊穣な土地
二、三千年以前から、肥沃な土地にあって農業を営み、養える人口が、他の地域よりも多いのです。
結果的に、古代から人口過剰になっており、農耕地をどんどん拡大し、食料生産能力が高く古来より、麦・米の栽培が盛んである。
食料生産量が上がれば人口も上がるのです。




②儒教思想
儒教思想の影響も人口増加に加担してます。
血のつながった子孫を残さないことは先祖に対する最大の不幸とする儒教思想はどんどん子供が増えます。
世界は歴史を見れば人口抑制のためにさまざま政策や慣習がありました。
江戸時代の日本も都市部では薬(=毒)を使った「子堕し」が、農村部では「間引き」が行われました。
欧州では「捨て子」によって子どもの数を減らしてます。


③戦争と平和の問題

中国は古来より中央集権支配が行われており、政治的に安定した期間が長かったのである。
三国志の時代やモンゴル族の侵入もありましたが、ヨーロッパと比べると、かなり安定と平和な時代が長かったのである。
ヨーロッパは殆どが戦争の歴史である。権力の奪い合いで、さまざまな人種が常に争ってました。
古来からアジアの中心は中国でヨーロッパと違い地域における力関係がはっきりしてましたので、アジアは比較的平和な時代が長かったのである。


中国の人口動向

1720年代初めに1億人を超えてます。
そこから急激な人口の増加が始まり、その後の100年間で4億人近くまで増えました。
その後1949年の中華人民共和国の建国から始まった毛沢東の「産めよ増やせよ政策」により一気に人口爆発!


なぜ近年一気に増えたのか

「人口は多ければ多いほど国の武器になる」という人口資本説に基づく理由で毛沢東の政治的政策があります。
また発展途上国は農業が主力産業なので、人こそが資本になるので発展とともに一気に人口がふえます。

国連が食料を援助すると、その援助分だけ、人口が増えて行ったりします。



近年は一人っ子政策や先進国化により人口は今までのようには増えないでしょう。
未来統計予測では、100年後の2100年は中国の人口は10億9000万人の予測です。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。