So-net無料ブログ作成
検索選択

マーガリンやショートニングが加齢臭の原因に! [へ~と思うこと]

スポンサーリンク




普段食べているマーガリンやショートニングが加齢臭の元です!

年を取ればみんな同じように加齢臭がでてしまうのかな~と思っていたら違うのです。

食べ物によって大きく加齢臭の出かたが変わるのです。

ずばりトランス脂肪酸が加齢臭を強めるのです!

そのトランス脂肪酸を多く含む食品がマーガリンや ショートニングなのです。
マーガリンは普段朝にパンに塗って食べているあのマーガリンです。
マーガリンの主原料は植物性・動物性の油脂です。実にマーガリンの80%以上が油脂なのです。
この植物性・動物性の油脂に多くのトランス脂肪酸が含まれています。

ショートニングとはあまり耳にしませんよね。
ソートニングとは、植物油などを原料に作られる油の一つで、食べた時にサクサク感が出ます。そのためクッキーやパン、ケーキなどによく用いられています。
やはり多くのトランス脂肪酸が含まれています。

この2つがトランス脂肪酸を多く含む食品の2トップです

他のトランス脂肪酸を含む食品一覧
■ぬりもの・オイル系
ピーナツバター、マヨネーズ、コーヒーのクリームなど

■お菓子系
ケーキ、アイスクリーム、チョコレート菓子、クッキー、クラッカー、菓子パン、ポテトチップス、ドーナツなど

■インスタント・レトルト系
カップ麺、インスタント麺、缶のスープ、シチューのルウ、カレーのルウなど

ファーストフードやファミリーレストラン系
チキンナゲット、フライドポテト、フライドチキン、パイなど

■冷凍食品系
から揚げ、ケーキ、ピザ、魚のから揚げ、コロッケ、天ぷらなど
出典2 トランス脂肪酸って体に悪い?食品チェック [療養食・食事療法] All About


加齢臭の原因


加齢臭は、ノネナールという油臭さを持った体臭成分によるものです。

皮脂に含まれる脂肪酸が酸化することで、臭いの原因であるノネナールが大量に発生するようになります。


加齢臭の対策


①トランス脂肪酸は避けましょう。加齢臭以外にも老化を早めたり動脈硬化、心臓病のリスクがあります。

②野菜中心の食生活を送る
肉食中心の方は皮脂を増殖させてしまいますので、野菜中心のバランスの取れた食事を心かけましょう。
野菜には多く含まれているビタミンA、C、Eなどは抗酸化作用があります。

③お菓子やインスタント食品、レトルト食品、ファーストフードはなるべく食べない。



加齢臭は食品以外にもホルモンバランスやストレス、遺伝などありますが食品に気を遣うだけで随分変わると思います。
40歳近くになると加齢臭が出やすくなります。
普段から食事にきよつけましょう。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。